血管年齢(血液サラサラ&ドロドロ)を食事で改善!鉄分不足を補う食材は野菜+魚介&海藻類

血液サラサラに食事改善でする

美容や健康に気を遣っているという人は世の中にかなりいると思います。

おそらくあなたもその一人だと思います。
もちろん私もその一人です。

なんとなくではありますが・・・日々自分自身でも自然と勉強をするということになっています。

美容と健康にかなり大事で大切になることが血管年齢です。

つまり血液のサラサラ具合・ドロドロ具合というわけです。

あなたはどういった改善方法で取り組んでいるのでしょうか?

サプリに頼るor頼らない?食事改善!

サプリメントについて私は最後の最後に使いたいと思っている方です。

もちろん生活リズムが不規則でどうしても食生活のバランスを摂るのが難しいという場合であればサプリメントを取り入れて美容&健康をサポートするのがおすすめです。

あくまでは私が私にとっての意見と気持ちのところです。

かといってサプリメントを取り入れないのか?というと・・・そういうわけではありません・
必要に応じては取り入れています。

が出来る限り食事・食材(食べ物)で体調を管理したいと思っているわけです。

貧血の根本原因は鉄分不足

ですから安易にサプリメントに手を出しません。
かなりよくじっくりと考えてからです。

でこんな私の性格(あまのじゃく?)ですから・・・これをきっかけに食を工夫できないか?を考えたわけです。

災い転じて福となしました笑

鉄分は熱に弱いから食事から摂取が難しい

でとりあえずはまず”貧血”と言えば鉄分。

食材から鉄分を吸収しようとすると・・・鉄分は熱に弱いということがある為に非常に難しいということがわかっています。

だからサプリメントで鉄分を摂取するという結論に至ったりもするわけです。

楽しみながらでサプリメントを使わずチャレンジ!

しかし私は今後の人生ずっとサプリメントをとり続ける?ことのコストを考えた末に『楽しみながら食事から工夫ができないか?』をまず確かめてみよう!と思ったのでした。

小松菜・ほうれん草・クコの実・焼き海苔・わかめ・きくらげ

でそこで手段としては鉄分不足を補う方法として私が取り入れたのが、

  • 小松菜
  • ほうれん草
  • クコの実
  • 焼き海苔
  • わかめ
  • きくらげ

です。

と主に野菜類や海藻類となりますが、これらは基本的にすべて鉄分が豊富と言われています。

6つの食材を毎回の食事に取り入れる

ですから私は食事で自分自身の体をサポートするべく、この6つの食材の「どれか」を必ず毎回の食事に取り入れる、ということをしました。

やってみると分かりますが・・・なかなか大変なので素直にサプリメントで補うということを選ぶのもある種普通にありかと思います。

生活のコストパフォーマンスを考えてというわけです。
つまりは『タイム・イズ・マネー』や『時は金なり』的なことです。

この辺りは自分(あなた)自身の生活と照らし合わせて考えるのがおすすめです。

サプリメントは本当に手軽です。
考えた人すごいです。

鉄分はビタミンと同時に摂取すると体は吸収しやすい

とりあえず私は食事で改善という感じなので色々と食材の栄養についても調べたりしました。

鉄分はビタミンと一緒にとると吸収されやすいのでビタミンを気をつける。

焼き海苔なんかは普段の生活の中でおやつ代わりにそのままバリバリと食べるという習慣にしました。

熱を通さないので鉄分が死ぬことがありません。

貧血気味=青魚やレバーもおすすめ…苦手・嫌い?

魚介類で鉄分不足を補うのだ

青魚・レバーなんかはとってもいいといわれていますが・・・貧血になりやすい人は私も同様ですがおそらく苦手(嫌い)なのではないでしょうか。

それでも出来る限りは食べる様に努力するという形です。

自らレシピを調べて料理&調理方法でカバー

極力調理法を工夫して(といってもネットで調べるのだけど)食べれそうなレシピをマネしてつくるということで苦手や嫌いをカバーできるかもしれません。

私自身も以前よりは沢山食べれるようになりました。

積極的に鉄分豊富な牡蠣も食べる

また牡蠣(カキ)も鉄分不足を補うにはもってこいの食材ですから積極的に取り入れることがおすすめです。

牡蠣も苦手という人もいますね。

牡蠣は苦手と好きという人がめっちゃくちゃ別れる食材ですが・・・大好物だという人はラッキーですから積極的に食べることが良いかと思います。